会社情報

武蔵野産業 > 会社情報

代表からのご挨拶と企業理念の紹介。

代表挨拶

武蔵野産業株式会社はメーカーと卸売りのバランスの取れた強い企業を目指します。

メーカーとしての原点

弊社は昭和40年7月、武蔵野グループ(現、ユニコムグループ)のグループ企業として設立をされました。
他社では一枚一枚手作業で作られていた経木を、弊社ではパラフィンワックスを用いた人造竹皮として量産化に成功。メーカーとして確固たる基盤を築きあげました。
現在では我が福島工場での主製品「Mパック」を中心に、この分野において、日本でも有数の生産規模、そして厳しい品質管理体制を誇るメーカーに成長しました。

メーカーとしての優位点

弊社はユニコムグループの一員として企業活動を続けております。
ユニコムグループには機械設備メーカー及びフィルムメーカー等が含まれ、グループ内の連携動作により、マーケットトレンドを先読みした商品開発、さらにその先には製造及び設備ノウハウを融合させた生産設備の設置が可能となります。
このことが他社には真似の出来ない優位な点の一つとなります。

メーカーとしての今後

弊社はお客様に安心・安全な商品を供給すべく品質管理の体制をさらに強化していきます。
その上で『こういった商品を包むのは、このようなデザイン、形状、機能のパッケージではいかがですか?』
とお答えできる 提案型企業を目指して行きます。

卸売り業としての原点

食品業界は、欧米型スーパーマーケットの進出等により、経木・人造竹皮を使った対面販売方式からプリパッケージング販売へと変化を遂げてきました。
弊社も時代の流れを汲みながらトレーメーカーとの取引を開始。一次代理店としての確固たる地位を築いて参りました。
今日では数万点に及ぶ商品の代理店として精力的な活動を続けております。

卸売り業としての今後

弊社は現在東日本を中心に10ヶ所の営業拠点を持ち、お客様への商品供給を行っております。今後は『お客様に満足を・・・!』と言うことだけではなく 『お客様に感動を与えるサービスを!』 を合言葉に日夜たゆまぬ努力を続けてまいる所存です。

代表取締役

加藤 知正

企業理念

一、『情熱』を原動力とし、想像力豊かな企業であり続けます。

一、『信頼』の構築と継続を最優先に、スピード感のある顧客サービスを使命とします。

一、『変革』の機をとらえ、未来型ニーズへの挑戦を積極的に行っていきます。